Archive for the ‘現地調査もリスク回避の為’ Category

不動産投資にはリスク回避が重要

2012-05-12

不動産投資をするには、不動産投資についての知識を得ることも大事ですが、不動産投資をする物件の現地調査をすることも大事なことで、それが適切な「リスク対応」につながると言われています。

「駅から徒歩8分」「床面積20㎡」といったことは、チラシやインターネットの物件情報などから把握できますが、チラシだけではわからないことが多いからです。

例えば、駅から近くても、途中に踏み切りがあって、遮断機が下りる回数が多いとか、その時間が長いとか、駅の反対側の出口は繁栄しているが、こちら側は閑散としていて人気がないということなどは、実際に現地に行って確認しないとわからないですよね。

また、間取りがよくても、内装を補修する必要があり、そのためには多額の費用がかかるなどは物件を直接見ないとわからないし、立地や間取りなどがいい物件でも、近隣に新築マンションが多く、競争力がない可能性もありますよね。

現地調査をすればわかっていたことが、それを怠ったがために、家賃収入が見込みを大きく下回ったり、多額のリフォーム費用が発生したり、仕方なく安い値段で手放さなければならなくなったなどという失敗につながってしまう可能性はありますよね。

不動産投資をする前に、現地調査をきちんと行い、物件の状況を正しく理解することができれば、その物件には投資をしない、リフォーム費用や、家賃引き下げ・空室発生を見込んだ収支シミュレーションを行い、それでも不動産投資をするのかどうかを判断することができますよね。

 

Copyright© 2015 不動産投資は怖くないぞ~不動産投資顧問のつぶやき All Rights Reserved.